カードローンで銀行と消費者金融を比較

銀行と消費者金融のカードローンを比較

銀行と消費者金融のカードローンにも、比較できる点があります。
この記事をご覧になられている皆様のイメージは、どのようなものでしょうか。
そもそも、銀行にカードローンなんてあるのかと初耳の方もいらっしゃるかもしれませんね。
比較した上で、それぞれのカードローンの違いをご説明します。


銀行のカードローンの特徴

真っ先に目が行くのは、その金利の低さでしょう。
上限金利でも14%前後なので、消費者金融とは4%ほども違いがあることになります。
これは返済が長ければ長いほど、利息の差に出てくるのでとても重要です。
しかし返済方法によっては、借入額が減ると共に毎月の返済額も減るというものがあります。
これでは、利息を払う回数が増えてしまって逆に返済総額が膨らんでしまうことがあるので返済方法には気をつけましょう。


消費者金融のカードローンの特徴

なんといってもスピーディーなサービスが、消費者金融の魅力です。
最近では、銀行のカードローンでも即日融資のサービスを始めるところが増えましたが、先駆者として消費者金融のカードローンはそのシステムがきちんと体系化されています。
そういった意味では、銀行より信用できるかもしれません。消費者金融の例→プロミスのカードローン
ただし、金利は高めになっているので、返済シミュレーションを用いて利息を含めたしっかりとした返済計画をたてたほうが良いでしょう。

c-admin

View more posts from this author