カードローンの利息はしっかり比較

作者別: c-admin

カードローンをお得に利用したいなら返済方式でも比較しなきゃダメ!

どうせカードローンでお金を借りるなら、利息を小さくしてなるべく出費を抑えておきたいですよね。
お金がないからキャッシングをしたのに、そこでまた大きな出費をしてしまっては借金地獄に陥ってしまうことだってあります。
それではいつまでたっても借金から逃れることができなくなってしまいますから、なるべくお得に返済できる方法を知っておきましょう。
「返済金額を小さくしたいならカードローンを金利で比較すればいいんでしょう?」と思っている人も多いかもしれませんが、それだけではダメなんです。
利率と一緒に、借り入れ金の返済方式についても比較しておきましょう。


<カードローンを利用したいなら返済方式で比較した方がいい理由>

確かに利息は金利にも左右されますが、どちらかというと返済方式からの影響の方が大きいです。
というのも、利息は返済期間が長くなればなるほど大きくなるものだからです。
ということは、なるべく早く完済できる方式をとっているカードローンを選んだ方がいいですね。
いくら金利が低くても返済期間が長引いてしまうような方式を選んでしまっては意味がないので、ここには十分に気をつけましょう。


<リボルビング方式ものは返済期間が長くなるので注意>

おすすめの返済方式があるわけではありませんが、逆に選ばない方がいいものならあります。
それは、「リボルビング」という言葉がついているものです。
この方式だと返済期間が延びやすくなり、なかなか完済できずに利息がどんどん大きくなっていってしまう可能性がありますのでご注意を。
低金利のカードローンを選んでいくのも大事ですが、返済方式の方が強いので、お得になるようなものを比べて選んでいきましょう。
それだけで、キャッシングの返済がかなり楽になるはずですよ。

Continue Reading

カードローンを利用限度額で比較

利用限度額は、カードローンにおいて重要な要素の1つです。
信用の度合いによって、利用限度額も上下します。
また、利用限度額と金利は反比例の関係があり、複雑に絡み合っています。
これらの仕組みを比較し、理解して、より良いカードローン選びましょう。


カードローンの利用限度額がなぜ重要なのか

利用限度額が、信用と金利に直結してくるからです。
カードローンは、利用限度額内であれば何度でも借入と返済が出来るというその特性上から、高額の限度額を審査で通すには結構な信用が必要になります。
1つの業者から信用されると、他者からも信用されやすくなるため、その効果は広範囲に及ぶことでしょう。
最初は、なかなか高額の限度額での申し込みは通りづらいです。
低めに申し込んで、ある程度月日が経ったら徐々に上げていきましょう。


利用限度額と金利の関係

利用限度額と金利は、反比例の関係にあります。
利用限度額が上昇すれば、金利は下がります。
これは法律で決まっており、それゆえ銀行の金利は低いともいえます。
正確には、銀行と消費者金融の法律は異なるのですが、大まかにはこの方式があてはまります。
ですので、金利を下げて利息を抑えたい場合は、利用限度額を出来るだけあげていきましょう。

Continue Reading

銀行と消費者金融のカードローンを比較

銀行と消費者金融のカードローンにも、比較できる点があります。
この記事をご覧になられている皆様のイメージは、どのようなものでしょうか。
そもそも、銀行にカードローンなんてあるのかと初耳の方もいらっしゃるかもしれませんね。
比較した上で、それぞれのカードローンの違いをご説明します。


銀行のカードローンの特徴

真っ先に目が行くのは、その金利の低さでしょう。
上限金利でも14%前後なので、消費者金融とは4%ほども違いがあることになります。
これは返済が長ければ長いほど、利息の差に出てくるのでとても重要です。
しかし返済方法によっては、借入額が減ると共に毎月の返済額も減るというものがあります。
これでは、利息を払う回数が増えてしまって逆に返済総額が膨らんでしまうことがあるので返済方法には気をつけましょう。


消費者金融のカードローンの特徴

なんといってもスピーディーなサービスが、消費者金融の魅力です。
最近では、銀行のカードローンでも即日融資のサービスを始めるところが増えましたが、先駆者として消費者金融のカードローンはそのシステムがきちんと体系化されています。
そういった意味では、銀行より信用できるかもしれません。消費者金融の例→プロミスのカードローン
ただし、金利は高めになっているので、返済シミュレーションを用いて利息を含めたしっかりとした返済計画をたてたほうが良いでしょう。

Continue Reading

カードローンは何社も申し込んではいけない

カードローンは、何社も一気に申し込んではいけません。
あなたがカード会社の担当官だったら、そのような申込者をどう思うでしょう。
そして、なぜ何社も申し込んでいることが他社にもばれてしまうのでしょう。
2つの疑問にお答えする形で、ご説明いたします。


なぜカードローンは一気に申し込んではいけないのか

カードローンを比較して、迷いに迷って結局絞りきれなかった方はいらっしゃいますか?
確かに、現在はどこの業者もサービスが似通っていて、これといって優れているという点はなかなか見つからないものです。
しかしだからといって、一気に何社も申し込んではいけません。
業界では「多重申込」と呼ばれているその行為は、借り逃げなどが考えられるとてもリスキーな行為です。
信用にキズがついてしまうので、行わないように気をつけましょう。


なぜ多重申込が他社にもばれるのか

申し込みを含むすべての金融業者とのやり取りは、ある機関に管理されています。
個人情報信用機関といいますが、信用機関と短く呼ばれることが多いです。
信用機関では、利用者の申し込みから返済まですべての情報を公開しています。
そのため、他社にもあなたの行動が筒抜けになってしまっているというわけです。

Continue Reading

カードローンの比較はココを見なきゃダメ

カードローンを比較して見るときは、必ず見なければいけない箇所があります。
ランキングなどを適当に開いて上から見ると、まず目に入るのが金利でしょう。
それも金利の低い方、下限金利の数値ばかり見てしまっていませんか?
もっと重要な見るべき箇所は、そこではないのです。


カードローンを比較する時は上限金利を見よう

カードローンを比較するなら、一番気にして欲しいのは上限金利です。
なぜ金利にこのようなバラつきがあるのかというと、利用限度額によって金利の上限が決まっているからなのです。
ならば、利用限度額を上限いっぱいまで申し込めばいいのではないかと思う方もいるでしょう。
しかし、最初に借入を申し込む場合は、そこまで高額の希望は通してもらえないことがほとんどです。
そのため、最初は上限金利からのスタートになることが多いのです。


返済方法も必ず一緒に見よう

上限金利と共に見て欲しいのが、カードローンの返済方法です。
返済方法には、翌月一括払いや分割払いなどがあるのですが、最近になってリボ払いという方法が増えました。
なかでも、リボ払いの中にある残額スライドリボルビング方式には気をつけてください。
結果的に払う利息が激増してしまうことがあるので、よく見てください。

Continue Reading